スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足尾観光のすすめ

  • 2016/08/16 23:12
  • Category: 貨車
DSC_3253_1.jpg
鉱山列車@足尾銅山観光内 Nikon D810+AF-S 16-35mm F4

皆様ごきげんよう。ヽ(ο´ω`ο)ノ
友人の金太郎氏と一緒に足尾へ行ってきました。
足尾は二度目の訪問ですが、今回は鉱山めぐりと温泉がメインだったのであまりちゃんとした写真はないです。ゴメンナサイ。

わたらせ渓谷鉄道の足尾駅構内にある側線にはキハ30・35や貨車、入換動車等が保存されています。
貨物輸送終了後も残された側線と風情のある木造駅舎が何とも言えない雰囲気を醸し出しています。
ドライブやツーリングのついでに足尾駅へ立ち寄る人も多いようですが、貨車をまじまじと観察しているのは僕たちだけでした。
少し前まで関東でも良く見かけた懐かしい貨車が2両保存されているので、紹介したいと思います。

DSC_3220_1.jpg
タキ35811@足尾駅 Nikon D810+AF-S 16-35mm F4

タキ35000は言わずと知れた35t積みガソリン専用タンク車です。
どちらかといえな大量製造されたメジャーな形式なので貴重な存在ではありませんでしたが、逆にこういった貨車は保存されること自体が珍しく、結果的に貴重な存在になったと考えることもできます。
そういえば米タンで使われたNRS所有車もいつの間にか見かけなくなってしまいましたね・・・。

DSC_3221_1.jpg
タキ29312@足尾駅 Nikon D810+AF-S 16-35mm F4

こちらは古河機械金属所有のタキ29312。
タキ29300は保安対策でフレームレスタンク車の製造が禁止された後に登場した39t積み濃硫酸専用タンク車です。
隣に連結されているタキ35000と比べると細身なタンク体ですが、こう見えて39t積みです。
この車両が古河鉱業(古河機械金属)ゆかりの地である足尾駅に保存されたことはとても意義があると思います。
余談ですが、平成14年~16年に製造された同和鉱業所有車は数年で廃車されてしまいました。

3月に行った貨物鉄道博物館の展示車両はとても興味深いものでしたが、こちらもなかなかの見ごたえです。
足尾駅構内の展示車両は定期的に車内公開や展示走行もあるようで、また遊びに行きたいと思います。
それではまた!!
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

上野★地平

Author:上野★地平
上越線を重連で往く高機の641000の残像にいつまでも囚われている都内在住の暇人です。
撮影頻度は下がる一方ですが、今後とも暖かく見守ってくださいませ。








最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。